可視光通信と光ファイバーの方向性

光通信技術の歴史

・SMFとは、部内照り返すを起さずに光線を伝送するわができる便益、光線の拡散が起こりにくく減衰が小さいから。マルチモードだと照り返すまたは曲折を運用する便益、減衰が起こりやすい。

・半導体レーザとは、送信帯域が近赤外線帯域の便益、SMFの万拡散波長と重なり締めてがよい。送信島が小さい便益、高周波での送信がたやすい。

・APDとは、アバランンシェ効能を活用している便益、感度がよい。着信を行う島が小さい便益、高速答える応が可能。着信島の目玉が赤外線島の便益、上記の2つと合い口がよい。

図のケースでは1.55μm(=1550nm)となっているので波長拡散が約17ps/km/nmとなります。ですので無限大に拡散した際の伝送間隔が17[ps ~の記載の間隔で、光線ファイバーの中央を突き進む理想的な光線の進み方をした際の間隔が1[ps ~とかいてある部分です。

チャービングというのは発振波長変遷とのねで、あのを不順入れ物でなくしておかないとすぐに光線は減衰してしまいます。市販のネットワーク機器であればまず間違いなくチャービングを消して送るようになっています。

光ファイバ通信

ブロードバンド通信とは、搬送波浪にいくつものサイン波浪を乗せて送受信する方式を言います。光ファイバー内は、ブロードバンド伝送で、宅内で、これを光線・電気変化(ONU)して、その先ブロードバンドルーターで、基地楽団伝送方式に変化してPCに連絡しています。100BASE-T/TXというのは、基地楽団伝送を表します。

搬送波浪を不順するねにより画面、響き、データ等のインフォメーションを送り、これを復調するねによりインフォメーションを得るねもできる。着想として、インフォメーションをそのまま送るねがまず考えられるが、搬送波浪を使ったほうが能率的にインフォメーションを送るねができるねや、多重化(周波浪数二分多重)できるねから搬送波浪を使用するねが多い。この技法を総じてに搬送通信、多重搬送通信という。

光線でも電気でも搬送波浪を使った通信方式を搬送波浪伝送方式といいます。搬送波浪を使うねにより、多数の別々のインフォメーションをまとめて、ひとつの搬送波浪で送受信できるので能率がよいので使われています。

モデムは事変復調装備と訳されます。まさしく、搬送波浪に乗っているサイン波浪を取り出したりその逆様の身動きをしています。

光線パワーのレベルダイアグラムですね。光線ファイバは伝送すればするほど光通信のパワーが徐々に小さくなっていくという図です。小さくなりすぎると困るので、時々、光線アンプで光線パワーを旧に戻しているという図です。

下半身の図は、S/Nですね。光線アンプでは、光線を増幅するものの、騒音も補足してしまいます。そのは光線アンプのNFの秒だけ増えます。その便益、多段に増幅すればするほど、S/Nが劣化しているという図です。


since2010 © PhotoArts Santa Fe